自宅でできる運動具 タニタサイズ 旧モデルや訳あり商品が お買い得商品いっぱい!OUTLET 今すぐ見る メールニュースの登録はこちら

ソーシャルアカウント

公式Facebook 公式Twitter

おすすめ



タニタの生産拠点である秋田工場(タニタ秋田)がある秋田県大仙市。
この大仙市より、タニタ秋田工場の元社員が丹精込めて作ったお米をお届けします。
タニタの工場がある大仙市のあきたこまち、この新米を「タニタこまち」と名付けました。

タニタこまちは、これから収穫期を迎える「あきたこまち」100%の新米です。
今の時期だけ味わえる、収穫したての新米の美味しさをぜひお楽しみください。

▼ご注文に関するご案内はこちら▼


商品の特徴について

【単一農家生産のあきたこまち100%です】
あきたこまちは、ツヤツヤと輝く透明感があり、香り高いのが魅力です。 炊きたてはもちろん、冷めても美味しいので、お弁当やおにぎりなどにもおすすめです。

今回お届けする「タニタこまち」はアグリフライト大曲が生産する、有機肥料で育てた単一農家米です。

【精米度を3種類からお選びいただけます】
「タニタこまち」の味わいをお好みで選べるよう、「玄米」「5分つき米」「白米」をご用意しました。

玄米は白米に比べ、ビタミンB群、ミネラル、食物繊維が多く含まれており、独特の食感も楽しむことができます。
普段は白米を食べていて、玄米を食べたことがないという方もいらっしゃると思います。
玄米に慣れていない方は、まず5分つき米から食べてみてはいかがでしょうか。

【精米したてのお米をお届け】
今回お届けする「タニタこまち」の白米、5分つき米は、ご注文をいただいてから精米します。
また、白米は透明感があり艷やかな「クリーン白米」に精米しています。クリーン白米はお米を洗う回数が少なくてすむため節水となり、研ぎ汁の排出も少なくてすみます。

お米は精米されてすぐ酸化が始まり、徐々に味が落ちてしまいます。新鮮なお米を食べていただくため、精米・出荷の時期を選んでご注文いただけるようにしました。

ぜひ精米したてのフレッシュなお米をお楽しみください。
※週ごとの精米は、白米、5分つき米となります。玄米は対象外となりますのご了承ください。

【肥料として米ぬかを使用】
有機肥料として、乾燥させペレット状した米ぬかを使用。 環境にも配慮し大切に育てています。



玄米・5分つき米・白米の栄養価について

玄米はぬか層、胚芽がそのままついた状態のお米です。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、ビタミンでは糖質の代謝や疲労回復に必要なビタミンB1などのビタミンB群が多く含まれています。ミネラルではカルシウム、リンが多く含まれます。その他、交感神経を抑える働きや血圧を下げる働き、興奮を抑えストレスの軽減なども効果が期待される機能性成分のギャバも含まれています。 食感が硬めのため、柔らかく炊くほうが食べやすく、よく噛んで食べることが大切です。6時間以上の浸水をしてから炊くようにしましょう。

5分つき米はぬか層を5割ほど取り除き、胚芽が残ります。栄養素は玄米に比べると少なくなりますが、ビタミン、ミネラルが精白米より豊富に含まれています。ビタミンB1、B6は精白米の2倍以上含まれます。
玄米よりも精製しているため、ご飯の甘味を感じやすいので食べやすく、胚芽が残っているため精白米よりも栄養価が高いお米です。玄米が苦手で食べにくいという方はこちらをおすすめします。

精白米は、米からぬか層と胚芽を完全に取り除いたお米です。栄養価は玄米などよりは少なくなりますが、ふっくらとして甘味を感じやすく、ご飯のおいしさを感じることができます。新米の時期には特におすすめです。またごはんはお米を粒のまま炊いて食べるため、パンなどの小麦粉を使って作る主食よりも消化に時間がかかり、よく噛んで食べることで満足感がアップします。タニタでは1回の食事で100gを推奨しています。
(株式会社タニタ 管理栄養士 荻野菜々子)




パッケージデザインについて

今回お届けするお米の生産地、秋田県大仙市は、全国花火競技大会「大曲の花火」は日本三大花火大会のひとつとして有名な場所です。

生産地から直送する「タニタこまち」。
パッケージには大仙市を象徴する花火をあしらい、カラフルに仕上げました。



生産者について


「タニタこまち」を生産するのは、かつてタニタ秋田に勤務されていた大槻さんです。
タニタ秋田退職後、有限会社アグリフライト大曲でご家族と一緒に米づくりに取り組んでいます。
アグリフライト大曲では有機肥料による栽培と、冷蔵保管倉庫での徹底した品質管理を行っています。
大槻さんがつくるお米は「乳頭温泉郷 鶴の湯温泉」の食事にも採用をされるなど、高い評価を受けています。


秋田県大仙市について


大仙市は秋田県の県南に位置しています。大仙市と仙北市に広がる平野は仙北平野と呼ばれています。仙北平野は、扇状地帯の特徴からいたる所に多くの湧水があり、古くから地域の人々はこの湧水を農業用水や生活用水として利用してきました。また、抱返り渓谷を水源とする田沢疏水や、古くから『水野目山』と呼ばれ、水源として人々に大切に守られてきた七滝山など、仙北平野は「水」にまつわる豊かな環境に恵まれています。
水が良いので、市町村別の作付面積と収穫量で東北第1位、全国第2位を誇る米どころです。また、全国花火競技大会「大曲の花火」は日本三大花火大会の1つとして有名で、毎年1日で70万人を超える観客が集まります。


タニタこまちを使ったおすすめ簡単レシピ

菜飯ごはんと豚肉と大根のみそ汁

【材料】1人前

■菜飯ごはん
(玄米:280kcal,塩分量0.81g)
(精白米284kcal,塩分量0.81g)

ごはん 150g
小松菜 50g
コーン 15g
しらす 10g
塩 0.4g

【作り方】
@ごはんを炊く。
A小松菜は5mmに切り、ゆでて絞る。
Bコーンは缶から開けて水けを切る。
C小松菜に塩を振り、コーン、しらすを加えて混ぜ、ごはんと混ぜる。

■豚肉と大根のみそ汁
(210kcal,塩分量1.03g)

豚ロース肉脂身無し 80g
だいこん 50g
にんじん 30g
だし汁 180ml
丸の内タニタ食堂の減塩みそ(マルコメ) 6g
万能ねぎ 5g

【作り方】
@豚肉は4等分に切る。
Aだし汁を沸かし、豚肉を入れて10分ほど煮る。
Bだいこんは1cm厚さ、にんじんは5mm厚さのいちょうに切る。
C豚肉が煮えたら、だいこんとにんじんを加えて5〜10分煮る。
D火が通ったらみそを溶き入れ、お椀に盛り付け、小口切りにした万能ねぎを飾る。



▲TOP

注文から発送までの流れ

毎週日曜にその週発送分の予約を締め切ります。水曜に精米し、精米後2日以内に発送します。

例)10月11日(日)締め切り分をご購入の場合

10月11日(日)23:59までにご注文いただく
10月14日(水)に精米
10月15日(木)に秋田から発送

10月16日(金)関東地方へのお届け予定
10月17日(土)関西地方へのお届け予定

※週ごとの精米は、白米、5分つき米となります。玄米は対象外となりますのでご了承ください。

※玄米はもみ殻を取り除いて調製した状態で保管されたもので、精米工程なく発送をいたします。白米、5分つき米と異なり、米袋には調整年月日が記載されております。
予約受け付け開始: 2020年9月18日(金)より
発送予定時期  : ご購入時に選択いただいた精米希望日に合わせて出荷

【基本スケジュール】 期間中、毎週日曜日の23:59に受け付けを締め切り、水曜日に精米し、木曜日に秋田から発送いたします。お届け地域にもよりますが、関東であれば金曜日にはお届け予定です。


注意事項

・お支払い方法は、クレジットカードのみとなります。

・食品のため、お受け取り時ご不在の場合は、不在票をご確認の上、お早めにお受け取りください。
 運送業者での保管期間が過ぎ、返却された場合、再発送はいたしません。

・食品のため、お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。

・商品および発送には十分注意しておりますが、万が一不良品や誤送品など当ショップ理由による瑕疵があった場合、
 商品到着より7日以内に【お問い合わせフォーム】よりご連絡をお願いいたします。

・以下項目に当てはまる場合の返品・交換はお受けいたしかねますのでご了承ください。
 @当ショップでご購入された商品ではない場合
 Aご連絡なしに商品を返送された場合
 Bお客様の責任による傷や破損が生じた商品
 C商品到着後8日以上経過した商品

・パッケージデザインは作成途中のものであり、実際の商品とは異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

・1回のご注文につき、お一人様2袋までのご注文となります。


お米の保存に関する注意事項

お米は生鮮食品です。購入後の保存については以下の点に注意してください。
@お米は温度・湿度の高い状態で長期保存をすると、虫が発生する場合があります。直射日光を避け、涼しい場所で保存してください。

A容器にお米が残った状態で新しいお米を注ぎ足しせず、必ず容器を空にし、掃除をしてから、入れるようにしてください。

Bお米は空気に触れることで水分が蒸発し、ヒビ割れの原因になります。蓋のある容器に移し、空気に触れないよう密封してください。

Cお米や米袋に水がかかると、カビが発生する場合があります。水濡れにご注意ください。

Dお米は臭いを吸いやすい性質があります。洗剤、灯油、魚など臭いの強いもののそばに置かないでください。
▲TOP

上記3商品は、11月1日(日)23:59 受け付け締め切り



上記3商品は、11月8日(日)23:59 受け付け締め切り



上記3商品は、11月15日(日)23:59 受け付け締め切り



上記3商品は、11月22日(日)23:59 受け付け締め切り



上記3商品は、11月29日(日)23:59 受け付け締め切り



上記3商品は、12月6日(日)23:59 受け付け締め切り



上記3商品は、12月13日(日)23:59 受け付け締め切り



最近チェックした商品

PAGE TOP